スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SKE48 チームKⅡ 小木曽汐莉、赤枝里々奈 卒業公演

岡田隆志
21:55 - 一般公開
SKE48チームKII 赤枝里々奈、小木曽汐莉劇場最終公演(2013.4.17)

石田安奈(手紙朗読)「りりなへ。卒業おめでとう。
りりとはオーディションのころから仲良しでいつも一緒にいたよね。

合格発表があってサンシャインからレッスン場に向かうとき、
楽しそうに2人で話しているところをカメラに撮られて映像を見るたび
懐かしいって言ってたのを覚えていますか?

同じ年ということもあってすごく話しやすくて、今はケンカやじゃれあいもしたり、
お泊まり会をしたり、たこ焼きパーティーをしたり、いっぱいしたよね。

りりは明るくて元気なイメージがすごく強いかもしれないけど、
いつもそうじゃないってことも知っています。

周りから『りりは本当に明るくて元気な子だね』って言われるたびに、
『りりはそんな子じゃないもん』って2人でいるときに言ったのを覚えてますか?

悩みのひとつや二つ、まだまだあるかもしれないけど、
弱い部分を全く表に出さなかったりり、実はりりが家で泣いていたのも知っています。

きっと、まわりからのイメージを崩したくなくて、話せなかったのも知っています。

だからね、これからはもっと私を頼ってほしいです。
私なんかでよかったらいっぱい話も聞くし、学校での楽しい話もいっぱい聞くよ。
高校生になって本当に毎日を楽しそうにしているりりを見ると、
話を聞いている私まですごくうれしくなります。

りりとはメンバーというよりも親友って言葉が合ってる気がします。
りりと同期でチームKIIとして一緒に過ごせて本当に本当に良かったです。

いつも一緒にいてくれてありがとう。
いつも私の味方でいてくれてありがとう。
私はりりのことが大大大好きです

チームKII石田安奈より」

石田安奈(手紙朗読)「PS これ以上太るなよ」
赤枝「頑張ります」



小木曽「なんでいるの?」
木崎「呼ばれたから」


木崎ゆりあ(手紙朗読)「おぎちゃんへ。卒業おめでとう。
私の大好きなおぎちゃんは真面目で、面倒見がよくて、
顔が肉まんよりも小さくて、曲がったことが大嫌いでした。

そんなおぎちゃんと仲良くなったのはなぜか『1!2!3!4! ヨロシク!』のときで、
私には初めてお姉ちゃんができた気分でした。

SKEに入ってから3年半、1年が365日だから1000日とちょっと、ほとんど一緒にいたね。

2人で笑ったことも、2人で泣いたことも、2人で抜け出したことも、
たくさんの思い出がありすぎて困っちゃいます。

卒業発表があってから、いろんな人に『卒業しちゃうけどどうですか?』って聞かれるんだけどね、
私の中では一緒にいるのが当たり前になっちゃったから、
これから先、隣におぎちゃんがいないなんて、考えても考えても答えなんて出てこなくって、
でもこの公演が終わったらSKE48の小木曽汐莉とは本当にさよならなんだってわかってるんだよ。

ばかだからずっと隣で笑っててほしいって思っちゃうけど、
最後は笑顔でまたね、って言えるように、今日は泣きたい分だけ涙を流しました。

今日は最後で最後のおぎちゃんの公演を見にこれて、本当に良かったです。

こんな私を今まで支えてくれてありがとう。
そしておぎちゃんを支えてくれたメンバー、スタッフさん、ファンみなさん、
本当にありがとうございました。

おぎちゃんの存在は私にとって本当に大切な宝物です。
最後にみんなひっくるめて、おぎちゃんブラックホール一大好き!」

小木曽「ありがとう。びっくりしました。こんなに泣いてもまだ涙出るかっていうぐらい出ました。ゆりあ、よく計算できたね。365日のところ。お姉ちゃんは安心だよ」


【赤枝里々奈あいさつ】

赤枝里々奈「この4年間、私はたくさんの人に支えられてきたなとすごく思っています。

家族や友達や、スタッフさん、メンバーやファンのみなさん、すごく、すごくみんなに感謝しています。

ファンの人は私がなかなか人気がなくて握手会とかも並ばなかったんですけど、
みなさんに声をかけて人を集めてくれて私に長蛇の列を見せてくれました。

それで人が集まってくれることもすごいなと思うし、
本当にまわりの人にささえられてこの4年間やってきたんだなとすごい思います。

メンバーも本当に家族よりも一緒にいて、本当に大好きすぎて離れるのが嫌なんですけど、
やめても会いにいってもいいですか?

本当に大好きです。

友達もすごく支えになってくれて、一緒に泣いてくれたり、抱きしめてくれたり、
笑わせてくれたり、本当に感謝しています。

家族もすごくいろんな迷惑をかけてしまったけど、すごく大好きです。
本当に本当にたくさんの人に愛していただきました。

たくさんの笑顔と愛情を本当に本当にありがとうございました。
本当にみなさん大好きです。ありがとうございました」


【小木曽汐莉あいさつ】

小木曽汐莉「SKE48チームKIIの小木曽汐莉ですと言えるのはこれが最後となってしまいました。

本当に私が研究生の頃からチームKIIのメンバーにはお世話になりました。

私が研究生であっても、正規メンバーであっても、
変わらずいつも仲良くやさしくしてくれるチームKIIのメンバーが本当に大好きで、
本当にKIIになれて良かったなってあらためて思います。

ゆりあが手紙で言っていたように、明日から隣にゆりあがいないなんて……、
KIIメンバーと楽屋でばかな話をして騒いだり、
こうやってもうステージに立つこともできないんだなと思うと、
後悔はしていないけどやっぱり淋しくなります。

でも私が今日このステージを迎えられたのは本当にたくさんの方に支えられてきたからです。

いつもどんなときも応援してくださるファンの方、
裏で私たちのために走り回ってくださるスタッフさん、
家に帰ったらどんな話も聞いてくれる家族と、そしていつも連絡をくれたりする友達、
本当に本当に私のSKE人生はたくさんの方に支えられてこそ、ここまでこれたんだなって思います。

本当に今日で卒業してしまうんですけど、このステージを降りても、
みなさんと今まで作ってきた思い出を一生忘れず、私らしく歩んでいきたいと思います。

みなさんも淋しくなったりしたらぜひ私のことや、SKEのことを思い出してください。
そしてこれからもSKE48への応援よろしくお願いします。本当にありがとうございました」


高柳「2人とも卒業おめでとう。
卒業しても2人が新しい夢を見つけて進んでいくその姿を見守ってあげててほしいなと思います」

小木曽「いやー泣きましたね、赤枝さん」
赤枝「泣きました、小木曽さん」
小木曽「もう、あのー、悔いはないんですけど、やっぱりこの曲をやっとかないと私」
赤枝「そうですよ」
小木曽「後悔しそうな気がするので」
赤枝「私もです」
小木曽「先輩、曲紹介してください」
赤枝「先輩ですか? ここで先輩使ってきますか。一緒に言いましょうよ、後輩」
小木曽「KIIメンバーならわかると思う。あの曲です、せーのでいきますよ」
赤枝&小木曽「 *愛の数! * 」


21852961.jpg

f2f06380.jpg



りりなは、

選抜とか選ばれなかったけど、アイドルらしい子だったなあ。

SKEは、年は若くても、けっこう精神的な大人メンが多いけど、

純粋に子供らしくて、見てて清々しかった。


おぎちゃんは、

ビジュアルはグループイチと言っていいかもしれないし、

普段はしっかりしてそうでいて、

好きなところ、かわいいところは、

予期せぬ事態にパニくる姿ですね。

イッテ恋のトカゲ、忘れられませんよ。

http://www.youtube.com/watch?v=vt70eLY0rPg


明日はチームS4人、あさってはえみりんですね。


もう武道館とかどうでもいいですな。




関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
AKBを知るには劇場公演から
定額4,980円→2,980円に!
カテゴリ
かうんたー
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
リンク元
検索フォーム
相互リンク募集中
リンクはご自由にどうぞ
最新トラックバック
おすすめ
あし@
おきてがみ
キャンペーン中
ライフメディアへ登録 マクロミルへ登録
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

SKE公演はこちらで
SKE世界征服女子も見れる!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。